Seesaaブログの仕様で投稿されたコメントが直ちに反映されません(サポートからの返信ナシ)
申し訳ありませんが、コメントを投稿された際はしばらくまってから再度反映をご確認ください。

2010年04月24日

Microsoft IME 2010が無料に

Microsoft Office 2010 の発売日は6月17日とのこと。

TechNet Subscription ではすでにダウンロード可能になってます。
(全部入りの Office Professional Plus 2010 と Visio 2010 など)

マイクロソフト、Office 2010の製品構成、価格などを正式発表 〜冴子先生2010によるプロモーションも本日開始
Microsoft(R) Office 2010 製品群の製品構成、提供スケジュールおよび参考価格を発表

予約は4月22日から始まっています。以下、(AA)
(AA) Microsoft Office Personal 2010
(AA) Microsoft Office Personal 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Personal 2010 2年間ライセンス専用 永続ライセンス変換パッケージ
(AA) Microsoft Office Home and Business 2010
(AA) Microsoft Office Home and Business 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Professional 2010
(AA) Microsoft Office Professional 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Professional Academic 2010

上記のいずれかでも製品についての情報を得ることができますが、以下のページが特にわかりやすいです。
マイクロソフト ユーモール - Office 2010
Microsoft Office 2010 公式サイト

価格は2007の同等製品に比べて3〜4割安くなっているようで、海賊版撲滅への意気込みが感じられます。

また、Microsoft Office IME 20106月17日からダウンロード提供されます。
無料ですが、正規のOffice XP/2003/2007/2010がインストールされていて、OSがWindows XP SP3/Vista SP1/7、Windows Server 2003 R2/2008以降であるPCでなければ利用できません。

Google日本語入力が出る前から無料化については考えていたということですが、まあ、使う側にとってはどうでもいいですね。
ネット連携機能があり、変換中の言葉で検索できたり、ユーザが作成した専門用語の辞書を手動でダウンロードする必要なく利用することができたりする。
要は顔文字辞書などをわざわざダウンロードして、辞書ツールでインポートして…とかいう手間がなくなるということ。
詳細は以下のページを参照してください。
日本語入力ソフト「IME 2010」が無料に Officeのライセンスがあれば、従来版のユーザーでも使える

IE9もプレビュー版がでています。
Internet Explorer 9 Test Drive (英語サイト)

おまけですが、Windows 8 は2011年中旬、Office 2012 は2012年中旬です。

※一応、マイクロソフト社員じゃないですYO(^^;

 

posted by たまも at 22:59| ☔| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。