Seesaaブログの仕様で投稿されたコメントが直ちに反映されません(サポートからの返信ナシ)
申し訳ありませんが、コメントを投稿された際はしばらくまってから再度反映をご確認ください。

2010年05月02日

ゲームに最適なCPUは?

Intel Core i7-980X Extreme EditionAMD Phenom II X6 など6コアのCPUが
一般ユーザ向け市場に出回り始めました。

1つがシングル、2つがデュアル、4つがクアッド、6つがヘキサ、8つがオクタとまあ、
何語?って感じでいろいろ混ざった数え方な気がしますが、そういうことらしいです。

閑話休題――

なんとなく、コア数が多いといっぱい同時に計算できて良いような気がしますが、
コア数を生かせる処理が組み込まれていないと4コアも6コアも変わらないという
残念な結果になってしまいます。
現在で出回っているゲームでマルチコアに対応というゲームは多くがデュアルコアまでです。

ちなみに、別の意味で最近話題の「HTT」(Hyper-Threading Technology)ですが、
マルチスレッドに対応しているゲームもあまりありません。

Core i7 920 Core Disabling Performance Analysis】(英語サイト)

よって、コア数は多くてもよいですが、多いほどゲームが快適になるかというと
そうでもない
。ということが言えます。
特定のゲームの快適動作を目指す場合は、そのゲームがCPUをどう使うかの
情報収集するようにしましょう 。
コア数増えると値段も上がりますから、金銭面を考慮する上でも重要なポイントになります。

コア数でそれほど効果が得られないとなりますと、重要なポイントは動作クロックになります。
(3.3GHzとか4.0GHzとか表記されているものです)
これは単純で、動作クロックが上がると処理速度も上がります。
つまり動作クロックが高いCPUの方がゲームは快適になります。

少し前ですと、ゲーム目的ならCore 2 Quad Q9650 (core x4, 3.0 GHz, 3万円以上)よりも
Core 2 Duo E8400 (core x2, 3.0GHz, 2万円以下)にしろ、といわれていたくらい
コア数よりも動作クロック(先の例ですと価格になりますが…)が重要視されていました。

これは多くのゲームのCPU利用方法が大きく変化していない現在でも言えることになります。

4コアをオーバークロックして常時4GHz以上で最高!とやるのは自由ですが、
オーバークロックは消費電力も上がりますし、それに見合った冷却システムが必要になり、
冷却性能を重視すると、静音性が犠牲になります。
さらにそれだけ苦労してもゲームで2コア4GHzと快適さが変わらないとなったら、
お金がもったいないですね。

ということで、今回のまとめはゲームのCPU使用方法(マルチコア、マルチスレッド)に
関する情報を収集しましょうということと、4コアくらいで動作クロックが高くてTDPが低くて
安いCPUがいいんじゃないかな
〜ということになります。

Core i7の870(6月の価格改定で860の近くまで値下げされる)や、
オーバークロック公認モデルのCore i7 875Kなどの"K"シリーズ(AMDのBlack Editionみたいな
やつ)を待ってみるのもいいし、性能が上がってTDPが下がるとウワサのSandyBridgeの
登場を来年(2011年)まで待ってみるのもいいでしょう。
socketコロコロ変えられるとマザーが流用できないだろ、死ぬの?って人はAMDで頑張ってみるのも
いいのかもしれません。

以下、参考記事(ロードマップなど)
4種類に増えるSandy Bridge世代のCPUソケット
PCI Express Gen3とDDR3-1600をサポートするSandy Bridge
AMDの6コア「Phenom II X6」はターボモードを備えバーゲン価格で登場

posted by たまも at 01:55| 🌁| Comment(4) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

Microsoft IME 2010が無料に

Microsoft Office 2010 の発売日は6月17日とのこと。

TechNet Subscription ではすでにダウンロード可能になってます。
(全部入りの Office Professional Plus 2010 と Visio 2010 など)

マイクロソフト、Office 2010の製品構成、価格などを正式発表 〜冴子先生2010によるプロモーションも本日開始
Microsoft(R) Office 2010 製品群の製品構成、提供スケジュールおよび参考価格を発表

予約は4月22日から始まっています。以下、(AA)
(AA) Microsoft Office Personal 2010
(AA) Microsoft Office Personal 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Personal 2010 2年間ライセンス専用 永続ライセンス変換パッケージ
(AA) Microsoft Office Home and Business 2010
(AA) Microsoft Office Home and Business 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Professional 2010
(AA) Microsoft Office Professional 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Professional Academic 2010

上記のいずれかでも製品についての情報を得ることができますが、以下のページが特にわかりやすいです。
マイクロソフト ユーモール - Office 2010
Microsoft Office 2010 公式サイト

価格は2007の同等製品に比べて3〜4割安くなっているようで、海賊版撲滅への意気込みが感じられます。

また、Microsoft Office IME 20106月17日からダウンロード提供されます。
無料ですが、正規のOffice XP/2003/2007/2010がインストールされていて、OSがWindows XP SP3/Vista SP1/7、Windows Server 2003 R2/2008以降であるPCでなければ利用できません。

Google日本語入力が出る前から無料化については考えていたということですが、まあ、使う側にとってはどうでもいいですね。
ネット連携機能があり、変換中の言葉で検索できたり、ユーザが作成した専門用語の辞書を手動でダウンロードする必要なく利用することができたりする。
要は顔文字辞書などをわざわざダウンロードして、辞書ツールでインポートして…とかいう手間がなくなるということ。
詳細は以下のページを参照してください。
日本語入力ソフト「IME 2010」が無料に Officeのライセンスがあれば、従来版のユーザーでも使える

IE9もプレビュー版がでています。
Internet Explorer 9 Test Drive (英語サイト)

おまけですが、Windows 8 は2011年中旬、Office 2012 は2012年中旬です。

※一応、マイクロソフト社員じゃないですYO(^^;

 

posted by たまも at 22:59| ☔| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッテリーの今後

デスクトップメインの私にとってノートパソコンはモバイル目的になるわけですが、そうなってくるとバッテリーの持ちというものが購入の判断基準になってきます。

最近、長時間稼働として14時間、16時間といったものもありますが、それらはまだ稀で、大抵は3,4時間となっており、さらに自分が欲しいノートパソコンに搭載されているとは限りません。
(実際の駆動時間は使用方法によりますが、大方70%くらいじゃないかと)

基本的に、ノートパソコン用のバッテリーはリチウムイオン電池です。
近年、リチウムイオン電池関連の研究は非常に活発に行われており、パナソニックの開発計画を例にすると、まず、今年(2010年)は量産体制に
入った3.1Ahが出回るようになり、2011年には3.4Ahが量産化、そして2012年には4.0Ahが量産化され、さらなる技術の向上により寿命も伸びるようになるようです。
(充放電の繰り返しで全然蓄電できなくなったり、バッテリーが膨らんだりする現象が減る)
参考:高容量リチウムイオン電池を開発
参考:パナソニック エナジー社、野口直人社長インタビュー

また、バッテリーが高価になってしまっている大きな要因である正極素材の研究も進められています。
参考:リチウムイオン電池用高容量正極の安価な新材料を開発
参考:リチウムイオン二次電池用のコバルトを含まない正極材料を開発

まーまとめますと、今年の秋冬〜来年、再来年はノートパソコンの稼働時間が伸びる(または稼働時間が10時間程度で軽量化する)と思われますということです。

使う電力を抑える(省エネ)技術が盛んにクローズアップされていますが、使われる方も技術は日々進歩しているということは覚えておいても損はないかもしれませんね。

※一応、パナソニック社員ではありませんYO(^^;

posted by たまも at 21:21| ☔| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ネットブックの買い時は今じゃない

そこまで欲しくないけど、あったらいいかな〜という気持ちがあり、
いくつか魅力的なものも出てきた昨今、衝動買いを自制するためにも
今は買わない方がいい理由を…

さて、既存ネットブックをすぐにでも購入したいと思わない点は以下の通り。

  • 解像度が低い
    1024x600って…せめて1280x720(16:9の場合)ほしいです
  • 駆動時間が短い
    しょぼいのに4時間くらいしかもたないとか…
    でも大容量バッテリーで重くしたら意味ないですね
    やっぱり軽くて長時間!
  • 高画質動画の再生は絶望的
    YouTubeやニコニコ動画のHD動画の再生は絶望的。
    Intel系オンボード、Core i内蔵の再生支援は微妙。
  • 上記をクリアしようとすると10万円を超える
    ネットブック=5万円という考えが私の中にあります(^^;
    それ以上ならCULVノートにします
  • 大きい
    分厚いのもあまり好きではありませんし、10.1インチ液晶でも
    私にとっては大きいと感じてしまいます。
    8インチくらいがいいですが、解像度を上げると目が悪くなりそうですね

他にもありますが、私が購入を渋っている点は上記の通りです。
液晶やサイズは置いておくとして、高画質動画の再生には特にこだわっています。

以前はIONに期待していましたが、それほど効果が出ない割に非省電力と
いうことで、スルー。

それ以外について調べてみたところ、「Broadcom Crystal HD/BCM70012」というものが
見つかりました。
昔は4kしないくらいだったようですが、今は【PC Watch のコラム】で紹介されたために、
10kを超えているようです(−−;
4kくらいならBCM70012を買って、適当なネットブックを買って付けて満足しようかなと
思いましたが…
さらに調べていきますと、BCM70012の次の世代である【BCM70015】があるようです。
ということで、現時点でネットブックを持っていない私が、型落ちに近いBCM70012を
10kだして購入するという選択肢は消えました。

BCM70015とBCM70012の違いは以下のようです。

  • 低消費電力
    BCM70012の半分というウワサもあります。
  • 低発熱
    言葉が正しいかわかりませんが、BCM70012は相当発熱するのに比べ、
    BCM70015は発熱量が抑えられているようです。消費電力が少ないからかな
  • 対応フォーマットの増加
    BCM70012のH.264/AVC, MPEG-2, VC-1, WMV9に加え、
    MPEG-4, DivX, Xvid, AVSに対応

BCM70015はまだBCM70012のようにPCカードとしては出回っていないようですが、
EeePC 1005PR】のようにBCM70015搭載ネットブックが発売を予定されています。
マザーボードへのオンボードになっている可能性も十分に考えられます。
ただ、HDMI出力はどちらにしてもダメでしょうね…

おそらく6月〜9月くらいには市場に出てくると思われますが、日本ではどうかわかりません。

BCM70015とは別で新ION(ION 2010)というものもあり、こちらはチップセットではなく
単体GPUとなったため、IONよりも製品に搭載される可能性は高まったように思えます。
中身はGT218(に手を加えたもの)というDirectX10.1対応のGPU。
BCM70015はHD動画再生支援だけですが、こちらは単体GPUですので、
エンコードや3Dゲームも快適(CPUがAtomなので、結局対して期待できませんが)です。

が、このION 2010、実は今のところ初代IONよりも性能(3DMarkスコア)が低いようです。
こちらの記事(英語)】によると、Aspire One 532G(ION 2010搭載ネットブック)で計測された
3DMark03のスコアが「3,049」で、初代ION搭載ネットブックである【Samsung N510】では
「3,593」となっているようです。
Acer Aspire One 532G
原因はやはり、チップセットがそれ専門(ION MCP)で構成されたものからIntel標準の
NM10+PCI Express 2.0x1となったことでしょう。
ドライバやら最適化云々のレベルじゃない気がします。
ION ARCHITECTURE
で、こちらも先のAspire One 532GのようにION 2010搭載ネットブックが、今後も出てくると
思いますので、結局のところ様子見ですね。

AMDのAtom対抗CPUであるAthlon Neo搭載ネットブックがもっと出てくれば、
Radeon HDが載っていますので、比較対象に上がるはずです。
(再生支援は若干弱い気がしますが…)

ということで、せめて夏モデルの発表くらいまでは待つように!と自分に言い聞かせてます。

Windows 7のマルチタッチ対応でタブレットになるタイプも出て来ていますし、
スレートPCという新しいタイプのPCも出てきます。(iPadの見た目で標準Windows 7が動作)

まだまだ・・・と粘っていると年を越しそうですが、後悔しないためにも
今後も調査を続けていきましょう。

posted by たまも at 05:37| 🌁| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。