Seesaaブログの仕様で投稿されたコメントが直ちに反映されません(サポートからの返信ナシ)
申し訳ありませんが、コメントを投稿された際はしばらくまってから再度反映をご確認ください。

2010年09月01日

延期ですって

前日に致命的…

------------------------------------------------------------------------
オープンβテスト 開始日時変更のお知らせ

2010年9月1日(水)11:00より開始を予定しておりました、ファイナルファンタジーXIV オープンβテストは、
致命的な不具合が発覚したため、開始日時を変更させていただきます。
新しい開始日時は、おってお知らせいたします。
なお、オープンβテストの開始日時変更に伴い、オープンβテスト専用レジストレーションコードの発行も
開始日時を変更いたします。
また、クライアントソフトウェアのインストーラーのダウンロードを、2010年9月1日(水)11:00に一時停止いたします。
皆様にはご迷惑をおかけしますことをお詫びいたします。

------------------------------------------------------------------------

エントリーサイト

とりあえず、インストーラーはダウンロードできるようなので、明日(9/1) 11時までには
ダウンロード→インストール→アップデートまで済ませておくとよいかと思われます。

 

posted by たまも at 01:02| 神奈川 ☀| Comment(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

FF14のオープンβは9月1日の11時から

『疲労度』など何かと話題のファイナルファンタジーXVIですが、
オープンβは9月1日(水) 11:00スタートとのこと。

クライアントのダウンロードとかはまだっぽいです。

実は私、8/20にクローズβ当選しておりまして、
ほんの1週間程度でしたが、体験できました。

ただ、本気PCは組んでいなくて、メールやWebブラウズを主目的としたPCに
HD4670を積んでお試しプレイしました。(FF14ベンチで「やや快適」レベル)

インストールが終わるとプロローグとなるわけですが、それがFF14ベンチの
シーンとほぼ同じになります。
(スタート都市をリムサ・ロミンサにする必要があるかも<βでは選択不可>)
謎の声が聞こえた後に船室内でNPCと会話ができるのと、
でっかい魚が船を飛び越えた後にチュートリアル戦闘があるのが違いです。

肝心のクローズβプレイ所感ですが――不満な点が多いです。

まず、ユーザインタフェース(UI)から。
なにはともあれマウスカーソルの動きがトロいです。
調整不可で、マウス操作必須の場面ではカーソル移動がストレスになります。
ショップでアイテムを売買したり、生産で材料を選択したりするときのアイテム選択が
何に時間をとられているのかわかりませんが(スペックのせいではないらしい?)、
めちゃくちゃ重いです。これは慣れとかそういうレベルじゃありません。
アイテムはソート機能がありません。
ショートカットへのアクションの追加(スキルをセットする)もめちゃ重。
装備の確認も、クエストの確認も、エレベータに乗るのも全部一度メニューを
開かないとダメ…。

戦闘はオートアタックがなく、コマンドストックが1つで、しかも何がストックされているか
わかりにくいです。(せめてFF13のようになればもう少しわかりやすいんですが)。
範囲可能な魔法の単体攻撃指定方法があり得ない(魔法を唱えると画面下部に
「≪範囲魔法≫」というボタンが出るので、マウスでクリックして「範囲魔法」(≪≫をとる)
にしてターゲットを選択という流れになります。当然、「単体/範囲」の初期値設定はなく、
範囲可能な魔法はデフォルトで範囲魔法になりますorz

生産、採集のミニゲームが分かりにくい…面倒くさい…

リーヴという簡単な討伐依頼などを受け取って経験値やお金を稼ぐシステムがあるの
ですが(他のMMOでいう通常のクエストになります)、最大で8個(一応、戦闘系と
採集系に分かれていて、それぞれで8個の計16個)しか受け取れず、受け付け窓口で
リーヴの補充が行われるのがリアルの2日後になります。
例えば、1回目に提示されたリーヴ4つを全部受けて、すぐにクリアしたとします。
で、さらに稼ぎたいのでもう一度窓口に来ても「いまはありません」と言われて終了。
その補充が2日後となっているからです。

死亡したときはメニューを開いて「デジョン」でキャンプなどに戻るのですが
(クローズβでは3分程度の「衰弱」がつくだけ)、それ以外の時にテレポやデジョンを使うと
「アニマ」というものを消費します。最初は100持っており、使用しても100まで自然回復する
のですが、7、8時間に1ポイントしか回復しないため、おいそれと使えません。

リーヴ以外のモンスター(特に序盤のネズミや虫)は取り合い、採集のポイントも取り合い。

リテイナーという倉庫兼露店キャラを雇えるのですが、契約窓口は同一サーバで
1人しか対応できません。(選択途中で寝落ちされるとタイムアウトがないので終了)


とまあ、あげたらキリがありません。
(フィードバックしても開発が見てくれているのかテスターサイトでも怪しまれています)

ネガキャンしてるわけではありませんが、ネガキャンにしかみえないほどダメな点が多すぎるなぁ…

疲労度は■e(スクウェアエニックス)の想定している8時間分の稼ぎになるので、
超効率PTでがんがんに稼いでしまうと4時間で1週間待ちも考えられます。
クラス(ジョブみたいなもの)を変えればよいですし、1週間後にいきなり8時間分が
回復するわけではなく、毎日じわじわ(目算だと1日1時間分程度?)回復するようなので、
私のような仕事が忙しいけどプレイしたいって人にはいいかもしれません。

まあ、現状だとゲーム内でも主にUI方面でストレスがたまりそうですorz

とりあえず、オープンβをやりつつ様子見ですかねー。

 

posted by たまも at 16:02| 神奈川 ☁| Comment(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

FF14発売日決定!(遅

えーっと

ファイルナルファンタジー XIV の発売日が 2010年9月22日(水) に決定しました!
7/1の時点で発表されていました。

ただし、9/22にスタートできるのはコレクターズエディションのパッケージを購入した方のみの先行ログインとなります。

別にスタートダッシュしてもなぁとか特典いらないや〜って人は9/30のスタートになります。

AA
  

PS3は…2011年3月らしいです。

詳細は【公式サイト:http://jp.finalfantasyxiv.com/#/about/game_info】をご覧ください。

※通販サイトでは売り切れているコレクターズエディションですが、店頭予約はまだまだ受け付けているところがありますので諦めずに量販店を訪ねてみてはいかがでしょうか

え?βテストですか?
いや〜仕事が忙しくて全然――
…ええ、ええ、どうせ私なんて当選しませんよorz

ところで…なにやら戦闘がもっさりでやばいという話をチラホラ聞きます。
正式サービス時には改善されていることを祈りましょう。

posted by たまも at 15:15| 神奈川 ☀| Comment(0) | FF14 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

ゲームに最適なCPUは?

Intel Core i7-980X Extreme EditionAMD Phenom II X6 など6コアのCPUが
一般ユーザ向け市場に出回り始めました。

1つがシングル、2つがデュアル、4つがクアッド、6つがヘキサ、8つがオクタとまあ、
何語?って感じでいろいろ混ざった数え方な気がしますが、そういうことらしいです。

閑話休題――

なんとなく、コア数が多いといっぱい同時に計算できて良いような気がしますが、
コア数を生かせる処理が組み込まれていないと4コアも6コアも変わらないという
残念な結果になってしまいます。
現在で出回っているゲームでマルチコアに対応というゲームは多くがデュアルコアまでです。

ちなみに、別の意味で最近話題の「HTT」(Hyper-Threading Technology)ですが、
マルチスレッドに対応しているゲームもあまりありません。

Core i7 920 Core Disabling Performance Analysis】(英語サイト)

よって、コア数は多くてもよいですが、多いほどゲームが快適になるかというと
そうでもない
。ということが言えます。
特定のゲームの快適動作を目指す場合は、そのゲームがCPUをどう使うかの
情報収集するようにしましょう 。
コア数増えると値段も上がりますから、金銭面を考慮する上でも重要なポイントになります。

コア数でそれほど効果が得られないとなりますと、重要なポイントは動作クロックになります。
(3.3GHzとか4.0GHzとか表記されているものです)
これは単純で、動作クロックが上がると処理速度も上がります。
つまり動作クロックが高いCPUの方がゲームは快適になります。

少し前ですと、ゲーム目的ならCore 2 Quad Q9650 (core x4, 3.0 GHz, 3万円以上)よりも
Core 2 Duo E8400 (core x2, 3.0GHz, 2万円以下)にしろ、といわれていたくらい
コア数よりも動作クロック(先の例ですと価格になりますが…)が重要視されていました。

これは多くのゲームのCPU利用方法が大きく変化していない現在でも言えることになります。

4コアをオーバークロックして常時4GHz以上で最高!とやるのは自由ですが、
オーバークロックは消費電力も上がりますし、それに見合った冷却システムが必要になり、
冷却性能を重視すると、静音性が犠牲になります。
さらにそれだけ苦労してもゲームで2コア4GHzと快適さが変わらないとなったら、
お金がもったいないですね。

ということで、今回のまとめはゲームのCPU使用方法(マルチコア、マルチスレッド)に
関する情報を収集しましょうということと、4コアくらいで動作クロックが高くてTDPが低くて
安いCPUがいいんじゃないかな
〜ということになります。

Core i7の870(6月の価格改定で860の近くまで値下げされる)や、
オーバークロック公認モデルのCore i7 875Kなどの"K"シリーズ(AMDのBlack Editionみたいな
やつ)を待ってみるのもいいし、性能が上がってTDPが下がるとウワサのSandyBridgeの
登場を来年(2011年)まで待ってみるのもいいでしょう。
socketコロコロ変えられるとマザーが流用できないだろ、死ぬの?って人はAMDで頑張ってみるのも
いいのかもしれません。

以下、参考記事(ロードマップなど)
4種類に増えるSandy Bridge世代のCPUソケット
PCI Express Gen3とDDR3-1600をサポートするSandy Bridge
AMDの6コア「Phenom II X6」はターボモードを備えバーゲン価格で登場

posted by たまも at 01:55| 🌁| Comment(4) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

Microsoft IME 2010が無料に

Microsoft Office 2010 の発売日は6月17日とのこと。

TechNet Subscription ではすでにダウンロード可能になってます。
(全部入りの Office Professional Plus 2010 と Visio 2010 など)

マイクロソフト、Office 2010の製品構成、価格などを正式発表 〜冴子先生2010によるプロモーションも本日開始
Microsoft(R) Office 2010 製品群の製品構成、提供スケジュールおよび参考価格を発表

予約は4月22日から始まっています。以下、(AA)
(AA) Microsoft Office Personal 2010
(AA) Microsoft Office Personal 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Personal 2010 2年間ライセンス専用 永続ライセンス変換パッケージ
(AA) Microsoft Office Home and Business 2010
(AA) Microsoft Office Home and Business 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Professional 2010
(AA) Microsoft Office Professional 2010 アップグレード優待
(AA) Microsoft Office Professional Academic 2010

上記のいずれかでも製品についての情報を得ることができますが、以下のページが特にわかりやすいです。
マイクロソフト ユーモール - Office 2010
Microsoft Office 2010 公式サイト

価格は2007の同等製品に比べて3〜4割安くなっているようで、海賊版撲滅への意気込みが感じられます。

また、Microsoft Office IME 20106月17日からダウンロード提供されます。
無料ですが、正規のOffice XP/2003/2007/2010がインストールされていて、OSがWindows XP SP3/Vista SP1/7、Windows Server 2003 R2/2008以降であるPCでなければ利用できません。

Google日本語入力が出る前から無料化については考えていたということですが、まあ、使う側にとってはどうでもいいですね。
ネット連携機能があり、変換中の言葉で検索できたり、ユーザが作成した専門用語の辞書を手動でダウンロードする必要なく利用することができたりする。
要は顔文字辞書などをわざわざダウンロードして、辞書ツールでインポートして…とかいう手間がなくなるということ。
詳細は以下のページを参照してください。
日本語入力ソフト「IME 2010」が無料に Officeのライセンスがあれば、従来版のユーザーでも使える

IE9もプレビュー版がでています。
Internet Explorer 9 Test Drive (英語サイト)

おまけですが、Windows 8 は2011年中旬、Office 2012 は2012年中旬です。

※一応、マイクロソフト社員じゃないですYO(^^;

 

posted by たまも at 22:59| ☔| Comment(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。